スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカマ・プエブロのクリスマス・ダンス

今日はアカマ・プエブロのクリスマスダンスを見に行った。

アカマではこの時期のダンスは、教会の中で行われる。

最初のグループはかなりトラディショナルなバッファローダンス。
踊りも終わりに近づくと踊り手の雄たけびが教会の中で響く。

次のバッファローダンスは、奇跡をもたらすと言うホワイト・バッファローダンス。
このグループが始まると直ぐに、次のグループとその次のグループも教会の中に入って着て、3組がそれぞれ狭い教会内でばらばらに踊る。

カラーのレッド・シャツ・ダンスもスタートした。

そして最後のグループは、大きな角のエルクがピューピューと笛を吹きながらのそのそ入って来た。
バッファローに鹿、それにカチナも引き連れ、多人数のグループが踊りだした。

教会内は、満員。 活気にあふれている。 そこに「Ho Ho Ho!!」サンタが現れた。 

え~~、今日は27日今頃サンタですか? って一瞬思ったけど、考えてみれば、プエブロではクリスマスは25日~4日間!! 今日もサンタがプレゼントを皆に配っていた
スポンサーサイト

インディアン・ダンス

今日は、コチティ・プエブロとケワ(サント・ドミンゴ)プエブロのダンスをお客様と一緒に見に行った

コチティは、伝統的なタートルダンスとマタチナ・ダンス。。。
タートルダンスは、男性だけが静かに歌って踊るダンスで、観ている者をも厳かな気持ちにさせてくれる
コチティでは、昨日25日に子供達だけのダンスが行われたようだ。

先日ケワの友人が、クリスマスから4日間はコーンダンスがあるからと誘ってくれたので、数百人踊るコーンダンスを期待して、コチティの後、ケワに行って見た。

行ってみたら、ほぼ村人だけの観客の多さにまず驚いた。
着ぐるみを着た男達が出てきて、コミックショーをしている。
コーンダンスじゃないジャン!!!
今朝短い子供のダンスが行われ、その後のコミックショー(?)だったようだ。

でも、皆ゲラゲラ笑っていて面白そうなので、私達もその側に近づいて見学することにした。

頭が爆発しているアフロヘアーや白人の赤毛の長いひげをつけたりと変な格好をしているだけでも面白いけれど、ケレス語と英語での喋りが、めちゃくちゃおもしろい
コーンダンスを踊っているのだけれども、その踊りも男が女のおっぱいをモミモミしながら踊ったりとか、エスセサイズをしながら踊ったりとか、本来ならありえない動作が入っているしコミックショーそのもの

ゲラゲラ笑っていたら、後ろにいた知らないお兄さんが話しかけて来て、家にご飯食べにおいでと誘ってくれた。 では、お言葉に甘えて。。。。とそのお兄さんディアランの家に行きご飯をご馳走になった。
写真 (3)

実はその家は、彼のおばさんの家で彼の家ではないとの事で、後からそこの家の家族がどんどん帰って来て、皆さんと仲良くなった。
写真 (1)
バンダナのトーマスさんは、日本に居た事もあり、日本語が少し出来き、日本の事で盛り上がった。
写真 (2)

お客様の一人Yさんは、独身だとそこの家の人に言ったらモテモテで。 ディアランさんは彼女に相当アタックしていた

Yさんかわいいし、人柄良いし
人柄の良いのは、言葉なしで通じるもののようだ

ケワに又一家族知り合いが出来てうれしい~~






ヒプノ・セラピー

大変長い間ブログを更新していませんでした、ごめんなさいm(_ _)m

言い訳になりますが、最近Facebookを始め、そちらの方が気楽に更新できるので、ついついFacebookに行きがち。。。

Facebookでお友達になれたら嬉しいです
こちらをご覧くださいね。

サンタフェジャパン・コネクションのFacebookもあります。

ところで、今日はヒプノ・セラピーを受けてきました

実は、今日のセッションは友人の為に作ったアポだったのですが、キャンセルにして欲しいと言われたので、「じゃー久しぶりに私が。。。」という事で、思わず自分自身へのプレゼント。

セラピストはパトリック

ヒプノ・セラピーは、催眠術にかかって意識を失うわけではないので、自分の意識はしっかりあるから自分が何を言っているのか、しているのははっきりしています。

今日は、気になっている事をクリアーにする為にセッションをお願いしました。
自分では気が付かなかったけれども、私はかなり傷ついていて、その事を心の奥底に押し込めて生きて来たみたいです。

セッションが進むにつれ、本当の課題は別の処にあり、傷ついた心が癒されていくのが分かりました。
自分ではありえないくらいの勢いで号泣していて、声が出ないくらい泣いて、鼻水はダラダラだし、かなりだらしない自分でした。 英語で話されているのに、日本語と英語の両方を話している自分もいました。
セッションが終わったら、何かが吹っ切れたようになって軽くなるのが分かりました。

これで、自分の今世の課題をまた一つクリアーして、課題のリストをちょっとだけ短くできました 

思いがけない自分自身へのクリスマス・プレゼント

キャンセルしてくださったHさんに感謝
プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。