スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って来た

長かった~~  昨晩、フィニックスからして帰ってきた。
今回は、帰りも入れると3000KMのツアーだった。 

お客様の話では、東京-博多間が1000KM。 なので、6日間で東京-博多を往復して、もう一度博多に戻った感じ。 まるで大型トラックドライバー並だなって思った

でも、今回は、今まで行った事がなかったTuba Cityの恐竜の足跡場所に行けたのが嬉しかった
photo[1]
余り地質学的な説明はなかったんだけど、というか、全く無かったんだけど、でも恐竜の足跡が沢山見れて嬉しかった 
「ここまで歩いていて、ここから一気に走ったんだろうな?」とか「この場所から飛んだんだな?」とか爪の深さなどを見て想像する・・・嬉しくなっちゃうよね

ニューメキシコのClaytonにも同じような恐竜の足跡が残っている場所があり、そこの方がもっと色々な足跡があって面白い。  
以前、「化石発掘ツアー」を企画したけど、1本も売れなかった 

大人になると恐竜や化石に興味がなくなっちゃうんだろうか

それにしてもアリゾナ、暑かったな~  
スポンサーサイト

ちょっと嬉しいモニュメント・バレー

今、ツアーでモニュメント・バレーに来ている

前から泊まりたいと思っていたVIEW HOTELに、このツアーのお陰で泊まることができたヤッターDSCN2487.jpg

それも、2泊、かなり嬉しい

だって、起きたら、この景色。
DSCN2485.jpg

夕食もこの景色を見ながら。食事に、ちと難はあるものの、シェフとも仲良くなったら、無理聞いてくれるようになったし
DSCN2480.jpg

なんて幸せなんだろう ロング・ドライブの疲れも吹っ飛ぶ

今日は、パウエル湖とアンティロープ・キャニオン観光
DSCN2489.jpg   DSCN2493.jpg   DSCN2514.jpg

行程的には、パウエル湖での宿泊がベストだけど、
ま!いいか 
だって、明日の朝、又モニュメント・バレーの日の出が見れるもんね

アロヨ・ホンド・プエブロ

1970年代に発掘作業をしたアロヨ・ホンド・プエブロのレクチャーが、発掘者である考古学者ブルース・ディクソン博士により、今日サンタフェのレンジック・シアターであったので行って見た。

アロヨ・ホンドは前からとても興味が合った遺跡。
ArroyoHondoW_fs[1]

スペイン人が入ってくる前、1400年代には廃墟になった巨大プエブロ。 キバではない、なぞの大きな丸い建物。 キバの中に埋まっている人達、キバの上で亡くなっている少女。 なぞだらけ。

現在のプエブロともちろん似ている所も多々ある 

ほぼ、殆どのプエブロは、現在のプエブロが自分達の祖先が住んでいたとはっきり言っているのに、特に人骨が出た場合は必ずなのに、このプエブロに関しては、どのプエブロも名乗りをあげない。 なぜ

全盛期には1000人程が、生活をしていたという、それってチャコ・キャニオンの約半分。 かなりの人数がいたんだよね

もしかしたら、スペイン人が戦略してきた時には、未だ有ったプエブロが、スペイン人達によって全滅させられてしまったプエブロの先祖のものだったのかな?

ここアロヨ・ホンドには、振り返りたくない過去があるから、どのプエブロも名乗りをあげないのかな?

想像すると楽しい

SARには、アロヨ・ホンドから出土された品々が沢山あるらしい。 実は私は未だみていないんだよね 近いうちにSARに見に行こうと思う

友人のフラメンコ・バースデー・バーティー

今日はフラメンコ仲間のバースデー・パーティーが彼女の家であった

彼女は私と違って、とても熱心にフラメンコを真剣に習っている それもバタという、長~~い裾のドレスを引きずって踊るダンスが得意

その彼女のお誕生日に、友人を招いて彼女がフラメンコを披露するという企画

彼女とMina先生が一緒に踊って、プロのギタリストのチュスカルとアレハンドラが演奏
DSCN2459.jpg     DSCN2457.jpg

ブレリアとタンゴの2曲踊った

とても素敵だった

ダンス披露の後のオードブルとおしゃべりも堪能
DSCN2466.jpg

特に美味しかったのはChocolate Mavenのケーキ
DSCN2469.jpg
陶芸家のこの友人が作った、フラメンコの靴がケーキに乗っていて感激

ホームパーティーで、ダンスを踊ろうと思ったことはなかったけど、アリかも?って思った

こどもの日

今日はこどもの日

行事好きの私は、うきうきしちゃう

昨日、バッチョンがこいのぼりも立ててくれて、今日、柏餅も作った(実は柏の葉っぱがかなり古いけど、そこは目をつむって)
DSCN2443.jpg
DSCN2440.jpg

こどもの日の気分が盛り上がる

昨日、康が「明日は子供の日だね」って言うから、「うん、でも貴方はもう子供じゃないから」って言ったら、「分かっているよ。僕はもうおじさんだ~」て嘆いていた。

そして彼曰く「日本人は訳の分からない緑の日なんて作るくらいだから、”おじさんの日”があっての良いのにな~」って。

うん、それは、良いかもって私も思う

それなら「おばさんの日」も作って欲しいな~~

エリック、やるじゃん!

前にも書いた昨年12月に出来たサンタフェのラーメン屋「Shibumi」に最近何度も通っている。

仲良くなったシェフは、辞めてカリフォルニアに帰っちゃったけど、オーナー・シェフのエリックが頑張っている。

先週行った時は、とんこつラーメンを食べて、お味が薄いし、イマイチだったので、カウンターに有ったお醤油を入れた。 味がましになったけど、やっぱり締まりがない。 エリックに「味がちょっと」って言ったら、「ジャーこれ入れて」ってとんこつラーメンに入れる味噌をくれた。 それいれたら、OKのお味になって満足した。

今日行ったら、「麺を3種類に増やしたんだけど、どの麺がいい」って聞かれたから、好みの麺を言って、やっぱり「とんこつラーメン」を注文した。

出た来た。

見た目は同じ。

一口食べて驚き

うまい!!
日本のラーメン屋さんで食べるのと変わらないお味

エリックが私の顔色を伺っているので、
」って言ったら、満面の笑顔で「スープを改良してみた」って言っていた。

やるじゃん、エリック

彼は日本のラーメン屋に行った事がないらしい。 
研究はYoutubeでしたらしい。

なのに、すごいな、この人と思ったよ。

これなら、このラーメン屋勧められる。 でも、他のラーメンはその後試していない。
「とんこつラーメン」しか未だ勧められない か も


雪だ~~

今日はチマヨとタオスのツアーにって来た。

サンタフェを出た時にはっていたけれど、も降っていなくて、良かったって思ったら、チマヨに近づいたら

そのせいか、今朝は人出が少なくとても静かな時間が過せて、それはそれで神聖な気がした。

日曜日は、オルテガが休みなので、今日はセンチネラへ行く事に。

10時を過ぎているから、開いているかな?って思ったけれど、やっぱり開いていない
オーナーの家に廻って、「開けて~~」ってノックしたら、「こんなの日、お客様も来ないと思った」って言いながらリサ(オーナー)がお店を開けてくれた、ふう

5月3日がサンタ・クルーズ・フィースト・デーなので、その練習に今日はタオス・プエブロが早く閉まる。
それで急いで、タオス・プエブロに入った。 は降っていなかったけれど、さむ~~い。
今日は、セーターとダウンジャケットを着て行ったのに、それでも寒い。
男達が明後日の練習をしなきゃいけないから、こんな日はプエブロ内のお店も余り開いていない。

さっさとプエブロを出て、リオ・グランデ・ゴージに行ったら!!!
スゴーイ
DSCN2425.jpg

こんな日は早く帰るに限るって事で、早々とタオスを出た。
帰りの道がずーと吹雪いて怖かった
photo[1]
プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。