スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごーく楽しかった日本旅行から帰って来たら、サンタフェは猛烈に寒く、朝晩はマイナス温度だ。
サンクスギビング(感謝際)も無事に終え、残り物のターキーとスタッフィング諸々を食べ続ける日々がこれから続く

ツアーの仕事も始まった
旅行明けの仕事始が、チャネリングの通訳。 旅行の余韻が未だ残っている気がした。

今回の旅行中に3冊の本を読んだ。

1冊は、新興宗教家が書いた本。 これは、分かり切っている事しか書いていないし、物事ネガティブな見方しかしていないし、ザーと読んで旅館に置いて来た

もう1冊は曽野綾子の「いい人をやめると楽になる」。 もともと彼女の作品は好きだけど、この本はとても興味深く、考えさせられる事が多かった

最後の一冊は、20年ほど前に読んだけれども、今回読み直そうと思って、何となく旅行に持って行った本。
ブライアン・ワイス医師の「前世療法」(Many Lives, Many Masters)

この本を最初に読んだ時は、「へ~~」という感じだった。 そして、本棚の奥深くに眠った。

催眠療法の経験が何度もあり、チャネリングの経験もある今、この本を読み直したら、「Make sense!!」まるで体の中に水が浸透するかのように本に書いてある事すべてが自分の中にスーと入っていった。

そして、今日のセッションの通訳。

私はセッションの通訳をさせて頂いているお陰で、自分も癒されているのだと気がついた

スポンサーサイト

京都の紅葉

今、京都に来ている。

今日は、なんと朝ゆっくりしてしまい、ホテルを出たのが11時過ぎ   6時から起きていたのに

嵐山に着いたらお昼ちょっと前だった。

初めて人力車に乗り、竹林でマイナスイオンをたっぷり浴びて、庭園を満喫し、美味しい物を食べて大満足の1日を過ごした。

雨がちらほら飛んで来たりもしたけれど、雨という雨に見舞われず観光ができた。

サンタフェのゴールデン・カラーの黄葉も美しいけれど、曇り空が残念だったけれども、紅葉し始めた山やお庭はそれにもまして美しく、本当に来て良かったと思った。
久しぶりに見る日本の紅葉に心が洗われる思いがした。

夜の京都は寒い!と思ったけれども、考えてみたらサンタフェの朝晩の寒さと比較にならない位なので、たいした事はない。

明日は大分へ移動する。

京都最後の夜なのに、疲れて遊びに行く気もしない。
残念だけど、今日は早寝をするのがいいみたい。

大分温泉旅行、超楽しみ!!!

料理

私は、料理をするのが好き

きっと食べる事をこよなく愛しているから、食べたいものは作って見たくなるのだと思う。

それが、息子のヤスシにも受け継がれたみたいで、彼は料理が趣味。

昨日ポット・ローストを作ってくれた。 ワインで煮込んだだけだと言うが見た目良し。

私が作るポット・ローストはソースが濃厚でちょっと甘め。
彼のローストを食べて驚いた。 肉がやわらかく口の中でとろける。 味は甘みなし、しっかり肉の味がして、ワインの風味と胡椒がきいている。
DSCN1512.jpg

「お母さんのよりおいしい~~!」と健が叫んだ。

料理好きといえば、先日ツアーをしたお客様に私のかぼちゃサラダの話をしたら、そのかぼちゃを作って写真を送ってきてくださった。 メールを下さったのは奥様だけれど、お料理を作られたのは旦那様。

そうか、男性の方が料理に凝るのかな?

私は、料理をするのも好きだけど、本当は食べるのが一番好き。
今日から日本へバケーション!

食べまくるゾ~~と今から意気込んでいる。 ウフ

未だ秋? でも冬かな?

今朝起きて、外の温度計を見たら、マイナス5℃だった。

外に出たら、顔がピリッと痛かった。

おお~~ 寒!! と思っていたけど・・・・。

午後は暖かくなり、私は薄手の長袖シャツ1枚だけで、友人と待ち合わせたお気に入りのCAFE、Clafoutisへ行った。
DSCN1504.jpg

Cafeに現れた友人はジーンズに半そでTシャツ1枚。 

う~~ん! 暖かいと言えば、暖かい。 

1日の気温差が20℃以上あると、何を着て良いか迷っちゃうよね。

これからサンタフェは、秋なのか冬なのか分からない季節が続く。
プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。