スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの季節

今年も又SANTA FE JAPANESE CULTURAL FESTIVAL(日本祭り)がやってくる。

今年は3月13日が開催日なので、後2週間ほど。

今年で6回目を迎える祭りは、年々良くなっていっていると自負している。
今年のテーマは侍。

東京からパラノイアという劇団の方々に来て頂き、ステージで殺陣を疲労していただくことになっている。

昨年はフィルムの学生だったコウ君が記録係りを担当してくれたので、2009年の祭りハイライトのDVDを作成してくれた。

バーントがユーチューブにアップしてくれた。

ぜひ、皆さんに見ていただきたい。

今年は、どうなるかちょっと不安だけど、ま!担当者に任せるしかない
スポンサーサイト

管制塔に登った

先日、初めて空港の管制塔に入れてもらった
DSCN0167.jpg    DSCN0168.jpg

サンタフェの管制塔は、レーダーもないし、肉眼で飛行機の管理をする小さなオペレーション。

入場許可を取って塔に上げてもらった。 同時多発テロ以前は、簡単に入塔できたとの事。 今はかなり厳しい。
管制塔から360度の景色がきれいに見える

シグナル・ガンという、飛行機に信号を送る信号機に興味を示していたら、おじさんが実際に信号を出して見せてくれた

会って話すと、とても優しいおじ様達でおしゃべりも普通なのに、飛行機に送る指令は、かなり早口でわかりづらい。

サンタフェには、アメリカン・イーグル(アメリカ航空)がダラスとロスアンジェルスへ旅客機を日に4回飛ばしている
その他は、全く暇な飛行場だと思っていたら、これが結構忙しい

プライベート・ジェットやプロペラ機がバンバン発着している。

アメリカは、自動車の様に飛行機を使っている人達が沢山いることを知った。
又一つ、知らない世界を垣間見た。
子供の遠足の様に、仕事なのに興奮してしまった

だいじょぶか~~~??

この頃バッチョンが心配になる

昨日の朝、カウンターのコーヒーメーカーからコーヒーがこぼれていた。 それも、コーヒーポットの中に入っている量より多く。

「コーヒーポットにひびでも入っているのかな?」ってコーヒーを作ったバッチョンに言った。
「どれどれ?」って彼がコーヒーメーカーを見てみたら

なんと

コーヒー豆をフィルターに入れただけで、それをホールダーに入れるのを忘れている

え~~~!! それじゃー漏れる訳だ

ボケが始まった? って本当に心配した

その後、私は見ていないのでバッチョンから聞いた話では

その日の朝、コンタクトレンズを目に入れたけれど、どうもよく見えないので、おかしいなと思ってよーく見たら、左目にコンタクトを2つ重ねて入れていたそう

ダ ダ 大丈夫

私の失敗を笑っていられないよ~~~

雪のアカマ

今日、久しぶりにアカマ・プエブロ・ツアーを催行した。

今日のサンタフェの天気は曇り。 アカマに到着した時も曇り。
晴れ間も出来たした、観光客もほぼいないし、今日はツアー日和だとわくわくした

アカマに着いたら、まずは腹ごしらえで、私はいつもの「揚げパン付き、レッド・チリ・ビーフ・ポソレ」を食べた。
DSCN0183.jpg
今日のポソレはポソレ(とうもろこし)よりもビーフの方が多くて、ポソレ好きの私はちょっとがっかり

それから、バスに乗り込み、メサの上にある村へ行った。

今日のガイドは大ベテランのジェリー

教会から出て来たら雪が降り出してきた
DSCN0186.jpg

それも激しい雪が
陶器売りも数名しかいない
DSCN0190.jpg

今日の観光客は私達日本人以外は、大人3名、子供2名。
誰も説明に興味なし

顔を打つ雪のせいもあるけど、今日のジェリーの説明は端折りまくりの超スピードガイド

 いいか 誰も聞いてないし

私はどんどん変わっていく景色に心を奪われ、「何てきれいなんだろう」とうっとり


出来たら、メサの上に留まり、ジーと雲の動きを見ていてかった
DSCN0200.jpg





気がつくの遅い!

サンタフェの日本祭が、いよいよ来月に迫って来た、今日のミーティングは祭準備の為にとても大切で、多くの人に来てもらえればよいと期待している。

でも、先週の天気予報では、今日は又雪になっていた 
朝起きて、真っ先に窓を覗いて見た。  

ヤッター 晴天
暖かいし、今日はミーティング日和

誰がミーティングに来るのか考えていて、ふと思った

NPO「サンタフェ人」を立ち上げて7年。 
ほぼ毎月の様に我が家でミーティングがあり、メンバーが子供を連れてくる。 
その度に健に「子守お願いね」と小さい子達の面倒を任せてきた。

考えてみたら、当初は健も未だ7歳だった。 14歳になった今も同じ、文句一つ言わずに「は~い」と引き受けてくれる。 
今日も、友達からの遊びの誘いをミーティングがあるからと断っていた。
普通の中学生は、小学生や幼稚園児の面倒なんか見てくれないよね、きっと。

7年前に小さかったメンバーの子達も今は小学校上級生、彼らに「子守お願いね」っていえるかな 
それ考えたら、健はすごいな~と自分の子ながら、関心した


今日初めて健に「子供の世話をしてくれるの助かるよ。 ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

   

インターネット・ラジオのインタビュー

私はかなりアナログな人間で、コンピューターとかにうとい、なので、インターネット・ラジオなるものさえある事も知らなかった

仕事関係の知り合いから紹介され、昨日インターネット・ラジオのインタビューを受けた。

サンタフェの事を話すとの事だったので、それは私にとって嬉しい事だった

World Flower Networkという番組で、10分ほどのインタビュー。

話したいことは山ほどあるのに、10分じゃ殆ど話せない。

インターネット・ラジオなので、終わった後自分でも聞けるので、聞いてみた。

あ~~、日本語がなってない 日本語の勉強しなきゃ

Give me one more chance

気合が入るエクササイズ

何年も前から、ライオンズ・クラブに入っている友人夫妻に、入会を勧められていたけど、ずーと断り続けてきた。

ついに、断りきれなくて、先日ライオンズ・クラブに入会した

入会金を払って、後はボランティアが必要な時にお手伝いすればいいのかと思っていた

そしたら、「今日は新会員のオリエンテーションと入会儀式があるから来て」と言われ、まあ!最初はしょうがないかなと思い行ってみた。

ヴィヒルさんの家で集会があるという事で、その家のドアを開けたら”うわ~~”と驚いたよ

3人かけのソファーに、ジャバ・ザ・ハットの様な人が2人座っていた
nazca_side2146[1]
周りを見回したら、大きい(というか、太い)アメリカ人に慣れている私も驚くほどの巨漢ばかり。

普通の体型(この中では、すごーく痩せて見えるけど)の人は、私と同じ今日から新人会員の女性と私の二人だけ。

オリエンテーション中に出されたコークとチップス&サルサ、ナッツをバカ食いしてしまった私

こんなソーシャルと呼ばれる集まりと、レストランでのミーティングが1ヶ月に何度もあるとの事。

そんな集会にいつも顔を出していたら、私もこの方々の様な体型になっちゃうのかな?とかなり不安になった

家に帰って、直ぐにエクササイズを始めた私。 
今日はいつもより気合が入っちゃた
プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。