スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖ジョン・バーティスマ・フィースト・デー

CIMG4172.jpg    CIMG4177.jpg

今日は晴れ。  
お祭り日和。

今日は聖ジョン・バウティスマ・フィースト・デー。
様々なプエブロでお祭りが行われた。

Ohkay Owingehは、今日が年間最大のお祭りだ。
アパッチダンスとバッファローダンスが行われた。
CIMG4216.jpg  CIMG4187.jpg  CIMG4189.jpg  CIMG4268.jpg
子供たちがとても可愛いかった。

午後からはTaos Puebleへ行った。 ここでも、今日はダンスが行われた。
女性40名ほどと男性1名から編成されていて、歌い手も7-8名と小さいグループ。
女性は両手にオレンジの花を持って踊っていた。
もちろん、タオスでは、写真撮影は禁止なので、残念ながら写真はない。

これから、9月中旬まで、各プエブロでは、沢山のお祭りのダンスが行われる。 
今年も夏が来たなー感じる日だった。

スポンサーサイト

遠足

今朝は雨。

でも、JIN(日本文化NPO)の遠足の日。

サンタフェの駅からRailrunnerに乗ってアルバカーキへ駅へ行き、そこからバスでボタニカル・ガーデンに行く。
何人からか、今日は雨なので行けないと電話があった。 私と家族だけだったら、今日はキャンセルしようと思って集合場所の駅に行ったら、割と集まりがよかった。 全員で21名。

2階建ての電車の上に乗り、皆大はしゃぎ。 電車からの景色は、普段車で走る景色と大違い。
CIMG4144.jpg     CIMG4141.jpg

電車の中で、お弁当を広げた。 私達のグループは日本人と日系人が多い為、おにぎりやおしんこがお弁当の中心。 隣に座っている人々が、不思議な顔をして私達の食べ物を見ていた。

アルバカーキ駅に着いたら、晴れていた。
バスに乗り換えボタニカル・ガーデンへ。 バスに乗った事がある人がいないので、何処から乗るのかさっぱりわからない。  皆であっちへ行ったり、こっちへ行ったり、大騒ぎ。

バスに乗っても、「ヒュー!」とまるでアトラクションの乗り物に乗っている雰囲気で楽しめる。

今回のボタニカル・ガーデン遠足への目的は、日本庭園を見学する事。 ボタニカル・ガーデンのディレクター、キャサリンが案内係りをしてくれ、日本庭園だけではなく、公園全てを満喫できた。
CIMG4150.jpg
CIMG4154.jpg

日本庭園は、頑張っているな!ッというのが、正直な印象。

私が一番気に入ったのは、ニューメキシコの1920-1930代の典型的農場と題した一角。
トイレになっているファーム・ハウスも素敵だった。
驚いたのは、アーティチョーク。  アーティチョークの花を見るのは生まれて初めて。 直径14-5Cmの大きい花。
CIMG4163.jpg   CIMG4164.jpg
子供の大人もラズベリーを採って食べて大満足。

蝶のパビリオンも素敵だった。

サンタフェに着いたのが6時過ぎ。

今日は、子供に戻ったような楽しい1日だった。

今度は、動物園に遠足に行きたいとリクエストがあった。 秋に企画しようと思う。

チマヨ

チマヨにあるサントワリオ・デ・チマヨに行って来た。

いつもの景色と何かが違う。 空気まで違う気がした。

教会の門の所で、わかった。 

バラが咲いている。 このバラが咲いているだけで、こんなにも雰囲気が変わるんだ。
CIMG4115.jpg     CIMG4123.jpg

サントワリオの「奇跡の砂」を求めて、各地からこの教会に来る巡礼者。 
奇跡の砂の奇跡を、未だ体験はしていない私だけれど、この教会に来ると、とても落ち着く。
特に、人が誰もいない冬場や、夏の早朝が好きだ。

教会の側に流れる小川も好き。  

教会横のレオナズという店のタマレが、とても美味しい。

ここにハンモックでもあれば、「1日過ごせるのにな」なんて思えてしまう。

ラスベガス

先週末、友人4人と3泊4日のラスベガスに行って来た。
CIMG4102.jpg    CIMG4099.jpg

仕事ではなく、全くのプライベートの小旅行は、とても久しぶりで、友達と行くラスベガスは初めて。

私は初日2日間は、ギャンブルには全く手を出さず、KAなどのショーを見て、観光をしたけれど、友人が、スロットでかなり儲けているののを見ていたら、私もギャンブルがしたくて、ウズウズした。

ラストの夜は、友人にブリッジを教わり、何種かのテーブル・ゲームに熱中。 
もちろん、最終的にはスッテンテンになった。 どうにか、帰りのお茶代くらいだけは残したけど。
未だ修行が足りないみたい(><)

友人の一人は、とても堅実で、彼は最後の日までギャンブルに手を出さず、人がゲームしている後ろで、色々とアドバイスをしてくれていた。 
最終日に。その彼が、私がルーレットをしていた時、丁度、赤が6-7回続き、絶対次は黒が来るという時に、おもむろに$100札を出して、黒に賭けたので驚いた。 
でも、$100チップに変えても$25しか賭けなかった。 
もちろん、彼は勝った。

これで味をしめた彼は、私がテープルゲームをしている台の後ろに立ち、周りのルーレット・テーブルの動向を見て、確実なときにだけ、賭けに出て、着実に儲けを増やしていった。

私はといえば、どんどんお金が減っていく。  そこで、彼に賭ける事にした。
彼にお金を渡して、彼が賭ける時に、同じものに賭けてもらう事にした。

渡したお金は倍になって帰って来た!!! 

堅実な人は素晴らしいと思った。
ギャンブルは性格がよく出るんだな!! やっぱり。



曇り・・・だから

今日のサンタフェ辺りは、とても珍しく雨も降らずに1日曇りだった。

アカマ・プエブロの後、アルバカーキのペトリ・グリフに行ったのだけれど、曇りだったので、普段、目につかないような岩絵が沢山見れた。
CIMG4084.jpg
この岩絵は、唯、単に大きな岩の後ろに隠れているので、今まで気が付かなかっただけだけど、動きがあって面白い!
周りは誰もいなくて、私達だけの貸切状態! 超ラッキー!!
と思っていたら、丘の頂上に登る頃には、ものすごーい風で吹き飛ばされそうになった。
そんな事くらいで喜んではいけない---のかな?
今まで、丘の上の風が激しかったことは何度もあったけれど、今日のは最大限!
帽子は被っていられない。 身体がふわっと浮く。
手を広げたら、鳥の様に飛んでいけるかもっと思った。 
今日は、光の加減が最高で、丘の上の方の岩絵まで見えた。 何てラッキーなんでしょう!!
曇り万歳!!

サンタフェへ帰ってくる途中、初めて一斉を見た。 
今日は金曜日。 やった方がいいよね。 ニューメキシコの飲酒運転事故余りにも多すぎます。
CIMG4096.jpg   CIMG4097.jpg




友人と過ごした午後

今日、プラシタスに住む友人が、サンタフェまで訪ねて来てくれた。  

ランチは、知り合いが経営している和食の店でお寿司を食べ、デザートは店を変える事にした。

私が大好きな、ラ・フォンダ・ホテル内のフレンチ・ペーストリー・ショップへ行く事にした。
このお店、私が大学生の時に始めてサンタフェに来た時に立ち寄り、アメリカにも美味しいケーキが食べれる事に感動した店。
CIMG4079.jpg     CIMG4080.jpg
サンタフェに引っ越してきてから、機会があれば、ここでお茶してモマート(イチゴショートみたいな物)を食べる。

今日も、おしゃべりの仕上げは、この店で。
自分の気持ちを、全部隠さず話せる友達って本当に素敵だと思う。
友人は沢山いても、本当の友達って少ない気がする。

彼女を私に導いてくれた宇宙に感謝!! (何だか彼女のような口調になっちゃう)




サンタ・クララ・プエブロのプエ・クリフ

2000年に閉鎖して、この5月まで開かなかったプエが開いた。

スゴーイ久しぶりにプエに行ってみる事にした。
CIMG4008.jpg

前にはなかった小さいミュージアムが出来た。  

プエの醍醐味は、梯子でメサ・トップまで登っていく事だったけど、今は危険だからという理由で梯子は使えない。
CIMG4054.jpg

観光は、サンタ・クララ村のガイドが案内してくれる。
今日のガイドはベン。  知り合いトニーのいとこだった。 そういえば、似ているなと思った。
CIMG4052.jpg

ベンは、泥の氏だそうだ。 彼は、歴史だけではなく、プエブロの生活やメディスンの事など、色々と話しをしてくれ、とても興味深かった。

プエから見る景色は最高!!
CIMG4034.jpg

本当に再開おめでとう!!
とても嬉しい。


プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。