スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタフェでカラオケだ~~

サンタフェで日本のカラオケが出来ると思わなかった。

流石、科学者の友人Hはすごい!
インターネットでカラオケが出来るというのを見つけて来てくれた。 
Hと別の友人Kが二人がかりで数時間かけ、家のテレビでカラオケが出来るようにしてくれた。
CIMG3557.jpg    CIMG3555.jpg

キャー~~!
嬉しい***

二人に感謝!

という訳で、今宵はカラオケ大会となった。

歌いまくった。 お開きが11時半。 明日は皆学校や仕事があるので解散。

サンタフェのエンタテイメントが増えた!

十数年ぶりのカラオケで、本当に楽しかった。

彼ら二人に心から感謝***
スポンサーサイト

ゆかちゃんの誕生日と「おくりびと」

昨晩友人ゆかちゃんの誕生日の為に仲間が集まった。

CIMG3517.jpg

今までかたくなに年齢を隠していたので、誕生日は皆で一緒に祝う事も出来なかったけれど、やっぱり誕生日は皆でお祝いできたら楽しいよね。

彼女のお誕生日なのに、彼女が料理する事になり、彼女お手製のとても美味しいカレーと後は個々が持ち寄った物でお祝いになった。

ろうそくは、やっぱり20本かなと思ったけれども、彼女が「そんなにのせんでええ」というので、かなり少なめになった。

コウが用意してくれたHappy Birthday Songをかけ、ろうそくの火を消した。

昨晩のもうひとつの目的は皆で「おくりびと」を観賞する事。
夜更け過ぎの映画のせいか、とても感傷的になった。
泣けた。 皆で泣いた。 私は、「ティッシュ使いすぎ」と指摘を受けるほど泣いたのに、一人だけ涙していなかった奴がいたな~~。

久しぶりの集まりで楽しかった!

コヨーテ

今朝コヨーテが家の前に現れた。

前は、サンタフェ市内でちょくちょくコヨーテを見かけたけれども、最近は滅多にお目にかからなかった。

今朝のコヨーテは、大きかった。 こちらをチラッと見て悠々とアロヨ(水なし川)の方へ歩いていった。

ちょっと辛い事があったので、コヨーテが励ましてくれている気がした。

人生悪い事があると、必ず良い事もあるようで、誰かの悪口で私の事を勘違いしていた知人から謝りのメールが届いた。 仲直りできたようだ。 よかった!

ところで、ずーと閉鎖していたタオス・プエブロが昨日午後から再開した。
先週末の予定では、26日にオープン、という事は今日だよね。 でも1日早い25日にオープンした。
遅いより早いほうがいいので、これもよしという事かな。

今日のサンタフェは曇り時々雨。 夜更けには雪になるという。
寒いのは困るけど、スキーには最高だね。



タオス・プエブロ

毎年タオス・プエブロはこの時期に1ヶ月半ほど宗教儀式の為に閉鎖をする。
当初の予定では、3月18日まで閉鎖になっていた。 それで、16日に電話をかけて確認したら、20日に開くという。

19日にも念の為、電話確認をした。
明日、20日に開くという。

20日朝、電話をかけたら、「やっぱり開けるの止めた、来週再開する」との事。
今の所、3月26日から開くとアナウンスしているけど、本当かな?

これから毎日電話確認が必要。
宗教儀式の為なので、日にちがはっきり決まらないのは分かるけれども、でも、でも---
この曖昧さ、どうにかならないものかしら。

忙しい1日

今日は忙しい1日だった。

今日はタオス・ツアーが入っていたので、昨日タオス・プエブロに開いているかどうかの確認をした所、明日(今日)から開くという。  でも、信用できないので、再度、今朝タオス・プエブロに電話確認をしたら、今日は閉鎖との事。

急遽、チマヨ&アビキュー・ツアーに変更。

チマヨでは、サントワリオとオルテガとセンチネラに行った。
CIMG3452.jpg   CIMG3456.jpg
センチネラのエミリーが飼っているCCとスニッカーというジャーブル。

昼食後、アビキューへ
CIMG3457.jpg
CIMG3460.jpg
アビキュー湖で、棒ひろいを楽しんでいるワンちゃん発見。

CIMG3462.jpg

夜は、バッファロー・サンダーという、昨年夏に開いたばかりのポワキ・プエブロのカジノで行われたコンサートに行った。

昨日、友人からご招待を受けたので、仕事の後だけれど行く事にした。

初めて、バッファロー・サンダーでのコンサートに行った。
アーティストはBoyzⅡMen

コーラスを期待して行ったけれど、私達の席は前から7番目の一番左端。 音が割れて余りよくなかった。 でも、スマップを100倍良くしたみたいな彼らのダンスと歌は最高にカッコよかった。

ダンスしまくった、あっという間の2時間だった。

今日も1日楽しかった。 でも忙しかった。
  

友人のお誕生日

昨日は5日遅れの友人コウのお誕生日。

超若いタケシを抜かすと、後は彼の保護者の様なおっちゃんとおばちゃんだけでお祝いをする事になった。

せっかくの24歳のお誕生日なのに、若いお姉ちゃんがいなくて可愛そうだった。

せめて、ケーキだけでも愛を込めてとBIGハートを作ったら、「ブタのヒズメ?」とのコメント。
CIMG3447.jpg    CIMG3451.jpg

せっかく一生懸命作ったのに、それは無いだろう! 

でも、いいよ! コウは何を言っても。 だってコウは可愛いから。

  Happy Birthday!!

サンタフェJINランチセール

昨日ブログに書いた、サンタフェJIN募金活動のランチセールを今日した。

CIMG3441.jpg     CIMG3442.jpg

Gengymeで120食近くのランチを買って頂いた。
CIMG3445.jpg
 
サラダとおにぎりとお茶で$6だけれど、募金活動という事で買っていただいているので、$6より多く払って下さる方々もいらっしゃり、総額$750になった。

目標$600だったので、150食完売までは行かなかったけれど、とても嬉しい。

余ったサラダとおにぎりは、お手伝いをしたメンバーの今晩の夕食となる。

今回買って頂いた方々は、本当に優しい方が多く、食事が済んだ後、美味しかったから、今晩の夕食にとか、奥様にとか言って、もうひとつ買ってくださる方々が何人もいらした。 ケイコさんお手製のドレッシングが美味しかったんだと思う。 

サンタフェJINラベルのドレッシングを売り出そうなどとメンバー内で話が弾んだ。

サンタフェはベジタリアンが多いからと、豆腐サラダを50食用意したが、20食ほど売れただけ。
何と言っても、チキンが人気。
やっぱり、アメリカ人はチキンが好きなんだと確信した。

この会社の所長さんも喜んでくださり、「来年も又来てください」と言ってくださった。
来年は何作ろうかな?
日本人=ヘルシーのイメージは崩さないようにしないとね!




サンタフェJINの募金活動

明日、サンタフェJIN(私が入っているNPO)の募金活動の一環で、Gengymeという会社で昼食を売る事になっている。

ランチを売り集めたお金が$500以上になった場合、その会社が同額を寄付してくださるというもの。

アメリカの会社は、寄付の予算を持っていて、地域活動をしている団体には協力してくれる事が多い。

それで、今晩はボランティア数名が集まり、明日のランチの用意をした。
CIMG3439.jpg     CIMG3440.jpg
メニューは、チキン又は豆腐のサラダとおにぎり、お茶付き。 

その会社は300名以上の従業員がいるので、150食用意した。 

明日のサンタフェのお天気は晴れ、今日と同じで25-6℃まで暖かくなるようだ。
サラダ食べたくなるお天気なんだけどな。 

全部売れる事を祈っている。







タオス再開

2月から一般に閉鎖されていたタオス・プエブロが今週末再開すると言う。
CIMG0686.jpg

2月に、開いていることを前日に確認してから催行したツアーなのに、タオス・プエブロがその日に閉鎖されていた事があったので、「本当に開くの」とプエブロ観光局のマーシーに何度も念を押した。 

その返事が「多分大丈夫」。 

大丈夫かな~~! 今週末タオス・プエブロに行く予定なのに。

話は変わるが、今日のサンタフェは、とても暖か、気温21℃。

ペットのピヨちゃん(ガチョウ)の行水も始まった。
CIMG3434.jpg

ピヨちゃんのごはんは、ドッグフード。
CIMG3437.jpg

ピヨちゃんのごはんは、ピヨちゃんよりも、他所から飛んできた鳥達が食べまくっている。
すずめも、カラスも、キツツキも、特にブルージェーはドッグフードが大好き。
今朝、Doveも来ているのを見た。
もう既に、14歳のピヨちゃんは、奥さんのダック母さんが死んじゃった時は、とても弱り果てていたけど、最近は健康そのもの。 

ドッグ・フードは栄養バランスがいいのかな?


曇りのち晴れ

今朝のサンタフェは曇り。
でも、チマヨまで走っていったら、晴れてきた。
復活祭が近いので、チマヨまでの道を多くの巡礼者達が歩いている。

チマヨでとても可愛いアプリコットの花が咲いているのを見た。
CIMG3428.jpg
私は今年未だサンタフェでアプリコットの花が咲いているのを見ていない。 チマヨは、サンタフェより春が一足先に来るみたいだ。

チマヨの後は、オーバールックで景色を楽しんだ。
CIMG3430.jpg
私はこの雲が好き。 ニューメキシコの雲、オキーフの描く雲。

明日から又暖かい日が続くみたいだ。 サンタフェの春。 気持ちがウキウキしてくる。

まさかの雪

昨日はとても暖かく、Tシャツ一枚で外を歩けた。
なのに、会う人会う人「今晩から雪が降る」って言っていた。

まさかーと思っていた。

1日遅れて今日が雪?

とはいっても、今は晴れている。 今朝起きたら雨だった。 たまに雪になったりもしたけれど、今晩雪が降るらしい。

今晩はアルバカーキに行く用事があるのに、雪のハイウェーはドライブしたくないな---。

花粉症

昨日のタオスはサングレ山に雪が積もり、美しかった。
CIMG3401.jpg

少し肌寒い気はしたけれど、日中の温度12℃はあったので、明日(今日)も良い天気になると思っていた。

今朝起きたら、外が暗い。
まあ、昨日からサマータイムになったので、1時間早くなったせいもあり、一昨日までなら、6時だから、仕方が無いかなと思って窓のブラインドを開けた。

うわ~~~~!

雪だー。

粒は小さいけれど、雪が降り続いている。 サンタフェには湿気が必要だ。 これは嬉しい。

数日前から花粉症が出ている私。 朝は必ずクシュン、クシュンから始まる。

雪が降っているという事は、憎きスギ花粉も少しは落ち着いているかなとスギをチェックした。
CIMG3410.jpg
ヤッター!
茶色くなったスギの花粉の上に雪が積もっている。 今日は花粉症お休みかなと思った。

でも---。 でもやっぱり、クシュン、クシュンは止まらない。

花粉症は、雪でも楽にならないのかな?

Western Party

今晩、友人の家でWestern Partyがあり行ってきた。

毎年この時期、友人のお宅にWesternシンガーである彼らの友人とその方の奥様が、1ヶ月ほど訪ねて来られる。 そこで、友人宅では、Western Partyが開かれる。
CIMG3396.jpg

美味しいお食事と楽しいおしゃべり、それにメインのWestern Musicと、楽しい夜だ。

本当はスイングとかロックなどの方が、ノリノリに踊れるのだけれども、そこは場に合わせて、2ステップなども踊ってみる。

時間は未だ早かったけれど、ライン・ダンスが盛り上がっている頃、明日の仕事の事も考えお暇した。
CIMG3398.jpg

又来年のパーティーが楽しみ!!



アプリコットの花、未だ咲かないでほしい

ここの所サンタフェはずーと暖かく、道端の水仙も咲き始めた。
CIMG3395.jpg
でも、水不足の為に背丈が5-10cmほどで地面をはいつくばっているので、一瞬水仙と判断しにくい。

先ほど訪ねてきた友人と、この暖かさの事が話題になった。
彼女曰く、「今年はアプリコットが実らない」。

え~!

どうしてなの?

私は未だ見ていないけれど、アプリコットの花が咲き始めているらしい。

「だってサンタフェだもの、きっとアプリコットの花が満開の頃、冷え込んで雪が降るのよ」と彼女。

そうかな?
がっかりだな。

「毎年、春に寒い時が何度か来るでしょ」と言われ、納得。

アプリコットよ、花を咲かせるのをもう少し待って!!

私はアプリコットが大好き。
家にはアプリコットの木が無いけれど、沢山頂いた時はジャムを作ったりしている。
今年は期待できないのでしょうか---。



Roger Shimomura

今晩、IAIA(Institute of American Indian Arts)でロジャー・シモムラさんのレクチャーがあり、行って来た。

ロジャーさんに関しての知識が余りなく、ただ事前に知っていたのは、第2次世界大戦中に彼がミニドカの日本人強制収容所に入れられていて、その時のイメージを絵にしているという事だけだった。

私は大学生時代、社会学で日本人強制収容所の事を勉強して、とてもショックを受けた。

今私が、アメリカでのほほんとして生活できているのも、ご苦労をなさってきた一世の方々のお陰だといつも感謝している。

サンタフェにも強制収容所はあった。 その当時のお墓などをお参りした事がある。

ロジャーさんは、日本を全く知らない三世だ。  全くのアメリカ人の彼が、見た目が違うから、肌の色が違うからと差別を受けてきて、たどり着いたのが自分のルーツの日本の浮絵と彼のウイットのミックス。

とても面白いと思った。
彼の作品にはストーリーがある。
彼の絵はただの浮絵の摸写ではない。

Roger Shimomura

明日から始まる彼のギャラリーでのショーにも行ってみたいと思う。

懐かしい香り?

サンタフェでは、缶詰に入った水煮小豆はヘルス・フードの店で売っているが、日本の甘く煮た小豆は手に入らない。 

食べたければ、自分で煮るしかない。
今朝、小豆を煮てみようと思い、鍋に小豆を入れ火をつけた。

アク抜きの為に少量の水でまず煮るのだけれど、煮ている間に用事を思い出し、自分の部屋に行った。  
1時間ほど小豆の事はすっかり忘れた。

そしたら、何か匂いがしてきて、部屋の中に煙が入ってきた。

あ~~~~!

また、やってしまった!!

コンロの上から煙が立っている。 真っ黒になった小豆が無残!

小豆はサンタフェでは貴重品なのに---。  

鍋が使い物にならないくらいにこげまくった。

まあ、火事にならなかったし、なぜか、囲炉裏の匂いが家中に立ち込めて、それはそれで懐かしいようないい香りだし、良しとするか。


 

テントロックの春

サンタフェはここの所、とても暖かい日が続いている。
テント・ロックにも春がやって来た。
地面から緑の葉が、芽吹いている。 ブッシュには可愛い花が咲いている。

日曜日の午後で、暖かかったせいか、今までに見たことも無いような賑わいだった。
パーキングには車が数十台停まっていた。  

いつもは、午前中に来る場所なので、すれ違う人も数人で、静かな場所だ。  

山の頂上に行き着くまでに「Hi!」の連発。 途切れなく人とすれ違う。
それが返ってよかった気がした。

帰り道は、ほぼ人と合うことなく、静けさをいつも以上楽しめた。 
それに、行きは薄曇だった空が、帰りはサンタフェ ブルーになった。 やっぱり空はこうでなくちゃね。
CIMG3384.jpg  CIMG3380.jpg  CIMG3377.jpg

人は、見慣れてしまったり、環境に慣れてしまうと喜びや感動を忘れてしまうんだね。
たまには、違ったシチュエーションもいいのかも知れない。


プロフィール

Shizuko

Author:Shizuko
ニューメキシコ州サンタフェ市在住。 
ガイドや通訳の仕事をしています。
プエブロの食事や文化に興味があります。 趣味は茶道、食べ歩き、ダンスです。

ツアーのお問い合わせはtour@santafejapan.com


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。